トレード豆知識

大損したくないなら長期の目線を知ろう

僕的になんですけど、FXでの大損って何かの暴落暴騰か長期の目線を間違えているかぐらいだと思っています。

 

どちらもしっかり損切りできていれば、大損ってことにならないと思うんですけど、とりあえずそこは置いておきましょう(笑)

 

暴落暴騰は正直完璧に把握するなんてことは絶対にできないできないですし、そこを考えていてしょうがないかなと思っていいるんですが、
長期の目線を間違えて含み損をずるずる増やしてしまうのは、一番もったいないですし、長期の方向感さえ合っていれば、ある程度含み損が膨らんだとしても最終的に勝つということもざらです!

 

そこでトレードするときはまず長期のチャートを見てほしいんです!
日足、4時間足この2つは外せません、トレードにおいていろんなこと教えてくれると思います。
週足もみれば参考にはなるかもしれませんが、正直そこまで僕は見てません、スイングトレーダーの方見てくださいね。

 

超短期、スキャルピングをしている人はもしかしたら短気足ばかり見ている人がいるかもしれませんが、
それは特に注意で、15分、5分、1分足では安全に見えても、長期足で見ればめちゃくちゃ危険な時だってあります。
広い目線でみて、そこで安全だと確信をしたとき、短気足に移行するほうが、リスクを減らすことができます。

 

実際これを書いているとき僕は視野が狭くなり、長期の逆張りをしてしまって絶賛含み損中です(+o+)

そんな僕が言えることではないかもしれませんが
一応僕が長期足でどんなところを見ているかを紹介していきます

 

 

・値幅
相場は超おおざっぱに言うと、上がれば下がりますw
なのでその通貨ペアの天井と底までにどれだけの値幅があるのか把握して
それだけ動いたら逆張りするみたいな感じで考えています

 

・ライン
トレンド、チャネル、ネックなどのレジサポラインは当然のことながら見ています
しっかりラインまで引きつけてトレードすることが大切だと僕は感じています
しかしいつもフライングしてばかりで、早く治したいです(・_・;)

 

・ローソク足の形
これも結構見ています。基本的に逆張りをするほうなのでヒゲが長いといけるかな~
みたいな感じでエントリーしてしまうのですが、そこからまだまだ逆行して含み損が増えることが多いのでローソク足の形は、あんまり見ないほうがいいのかもとかおもってしまいます
それにラインまでの待ちきれずにフライングエントリーしているのは正直ローソク足の形にとらわれすぎているところもあるの、難しいところだと思っています

 

・移動平均 (EMA)
このインジケーターは多くのトレーダーが使っていると思います
僕が使っているインジはこれだけです
特に乖離を一番見ています

 

 

ぼくが長期で見ているポイントのはこんな感じです

 

長期の環境認識を怠ると今の僕のように含み損になります
こうならないために普段から長期足をしっかり見て、安全なトレードを心掛けていきましょう

ここまで読んでくださりあざます(^.^)