日々のつぶやき

五月病 なぜ休み明けに多いのか?

今年もゴールデンウイークが終わる...
そしてやってくるのが五月病!

 

僕は現在地元の田舎大学に通っているのですが、
たしかにもろそろそろ学校行かないとって考えると、確かに憂鬱になる(+_+)
これはしょうがないことだとは思うのだけど、あまりに気が落ちるのでどうにかしたいとずっと思っています
そもそも五月病って病気なの?って疑問があるのですがね(笑)

 

まず五月病の意味
新年度に入るといろいろ始めることがあり、新しい環境への期待や、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から出てくる人が多いため、医学的な診断名としては、うつなどに分類されるらしい。
自殺率に関しても五月はやはり多い、他にも三、四月も多いのはやはり新年度に切り替わるというのが結構関係してきていると思う

 

僕はてっきり休みが多いからそっちの生活になれちゃって、元の学校や会社へ行く生活が嫌になっているだけだとおもってました。m(__)m
しかし僕も少し憂鬱になってる時点でその予備軍であることは確かだと思う
というか、ゴールデンウイーク明けにやる気満々の奴を見つけるほうが難しい気がする
どんだけ学校や会社好きなんだよ(笑)
まあ僕もそうなりたいっていうのが本心なんだけど

そこで僕なりにどうしたら五月病を乗り切ることができるのか、考えてみた(。-`ω-) (完全に僕の自己満(笑))

過去最大につらかった時を思い出す
憂鬱なときに僕が良くやってることで、これをすると今全然マシじゃーんってなります
僕がいつも思い出すのは誕生日の日にお祝いで他県のお寿司屋さんに連れて行ってもらったとき
高級なものに慣れていない僕の胃が超絶びっくりして
(胃) え?なにこのおいしい魚!どうやって消化すんの?
ってなり、とんでもない消化不良を起こし、夜に一人
ホテルの中でうずくまるという地獄を味わったときのことをいつも思い出しています。
この時はほんとに死を覚悟しました。
なぜ腹痛ごときでここまで深刻になれたかというと、それはニュースで食中毒で亡くなった方がいたからです(◞‸◟)
まあこんな感じ今までで最大級につらかったことを思い出すと少し楽になれるのです
しかし今が最大級なんだよ<`ヘ´>って時は使えないという
一番大切なときに使えない技ですwww

 

これからいいことが起こると想像する
これは高校のときとかよく使ってました
今日はかわいい子と会話できるかもしれない!とか、友達と昼めし食べるの楽しみだな!とか
すごい些細なことでもその幸せを大切にするようにすると幸福感が上がるような気がします(僕は)
ただ日々の生活でそれは忘れがちになっています。
何もかも幸せだと思えるほど聖者にはなれないけど、自分が少し幸せかもって思えたときは
しっかりかみしめることは自分を幸せにしてると思う!

 

自分に刺激を与える
僕は、普段と違う刺激を与えることで気持ちをリフレッシュするができるっていうことを最近よく感じます
(大した人生経験ないけど)
ぼくはインドアなので休日いつも、本読んだり、ゲームしたり、YouTube見たり、好きなことの情報収集をしたりして、家にこもっています。
しかし、たまに出かけるとそれはそれで楽しい! この感情はほぼ毎回なります
やっぱり思うのはどんな、好きなことでもぶっ続けはできないし
普段と違う刺激がないと、もともと好きだったことも薄れてしまうってことです
なんか自分でもよくわからないけど(笑)

 

明日、仕事、学校、行くのはだるいし、確かに気は乗らない
それなら休んじゃえよって言う人もいるかもしれない
でも言ってる人は他人事がほとんどだし、
休んでそのあとの責任を取るのは結局自分だよ
だから最終的に行くか行かないかは自分できめること
僕はいくよ!元気ならみんなも行くよね?

まあ僕は明日学校休みなんだけどね(笑)