トレード豆知識

なぜFXは勝った後にそれ以上に負けるのか?

トレードってなんで利益を出すとその後に、それ以上の損失を出してしまうことが多いのでしょうか
実際に僕は利益をだした後に、倍以上の含み損を見ることが多いです
皆さんはどうでしょうか!?

 

僕はすごく含み損に耐えて耐えて
そのあとやっとでプラ転して
利益を出すことが多い下手くそトレーダーなので
今日のテーマはよく考えていることです

 

利益を出した後ってうれしいですよね
本当にうまいトレーダーさんはそんなこと考えず無心かもしれませんがm(__)m
実際にぼくは利益を出した後はうれしくて、気持ちは少し緩くなるし、欲を出してしまいがちです
多くの失敗の根源にはこの欲とか気のゆるみが関係していると思うですよね

 

そんなときの負けパターンはこんな感じ

 

視野が狭くなり、環境認識ができていないのにエントリー
気のゆるみから環境認識が甘くなることがあります。
どれだけ利益を上げても視野が狭くなり、環境認識がしっかりできていない時の
トレードは危険なのでしっかり準備をおこなってから
次のトレードに向かいましょう

 

 

ちょっとしたチャンスに乗っかる
利益を出した後というのはいつも以上に欲が出てしますものです
しかしこれもしかしたら利益になるかも程度でエントリーすると
思わぬ損失を招いてしまう可能性もあるので気を付けましょう
僕も特にこれには気を付けたいです

 

 

勝てると思っていつもより枚数が多くなる
いつも同じ枚数で利益を上げていると
もし今回の枚数がもっと多かったら、この利益ももっと多かったのかな
という欲が出てきて、大きな枚数で取引を行い
狙った方向とは逆に行き、
いつもの枚数なら、対処できていたのに
枚数が大きいせいでどうしようもなくなり損切。
利益もことも考えますが、それ以上にリスクのことも考えましょう

 

 

最終的には利益になると思って早すぎるナンピンをする
早すぎるナンピンはすごく危険です
ナンピンは損を出さないようにする手法であり
利益を増やすためにするナンピンは予想が外れたときは損失が大きくなります。
特に損切を嫌うような人はナンピンが早すぎると後々どうしようもなくなるので
しっかりタイミングを見極めてナンピンしましょう

 

いつも言っていますが僕はトレードが全然うまくないです
しかし低レバで耐えに耐えて
最終的には利益にしています

 

FX自分が勝ちやすいように戦うことができるのでまだうまくトレードできない人は
自分勝ちパターンをしっかり理解して
利益を追い求めすぎず、まずは勝てるようになることを優先させましょう

 

せっかく利益を出しても
次のトレードでそれ以上に負けてしまえば、意味がありません
勝って兜の緒を締めよってことわざがありますが、まさにそれで、
調子が良いからといって、欲を出しすぎれば、いずれ今までの利益を相殺するような一撃を食らってしまうこともあります。

なので適正なレバレッジを知り、自分に合ったトレードをしていきましょう

バーイ(‘ω’)ノ