日々のつぶやき

世界の人口多すぎ問題

僕は現在、世界は人口多すぎだとおもいます

もともと70年前の1950年の世界人口は25億人
そこに達するまでは人口はゆっくり増えていました
しかし文明の進化もあり、人口は爆発的に増えて、50年後の2000年ごろには50億人
現在では70億人を超えています

僕が住んでいるところは田舎なので適度な人口なんですが
世界で考えると人口はやっぱり多い
日本で考えてもこれだけ狭い国に1億人以上の人が暮らしているのは
やはり多いように思えます

なぜこんなに増えてしまった原因は?

 

原因

産業革命

人口が著しく増えはいじめた人口爆発の時期と産業革命の時期が
重なっていたためこのような説が出てきたのですが
>実際に人口の増加と産業革命は関係があると思います

 

産業が発達すると世の中が便利になる→生活に余裕が出る→子供を作る余裕が生まれる
おおざっぱですが、こんな感じじゃないでしょうか

 

現代はもう豊かになりすぎて便利な世の中になったからと言って子供を作ったりはしないでしょうが
苦しい生活から豊かな生活に代わるときはそのような考えになってもおかしくはないような気がします

 

これからも増え続けてしまうのか

2050年には全人口が約100億人に達するというデータも出ているので
ほぼ間違いなくこれからも人口は増え続けるはずです

 

正直100億人って多すぎるとしか思えません
確かに切りの良い数字なので響きは好きですが
やっぱ多すぎる

 

しかし全人口が100億人に達する頃には
逆に日本は少子化が進んでいるため人口が1億人を切っているはずです
少子化は少子化で問題なんですが
個人的にはそれぐらい人数が減ったほうが

一人ひとりの存在意義が尊重される気がしたりしなかったり

 

前にテレビ見たことで、たまに言われていることですが
このままいけば日本の人口はいつか0になるとか...
さすがに0にならないとおもうですけどね

 

確かこのペースで減り続ければ数字上では0になるかもしれませんが
人間の性質上、子孫繁栄は遺伝子入ってるわけで
日本人が途絶えるということはほとんどない
想像できませんw
 

食糧はだいじょうぶなのか

こんなに増え続けて食糧は大丈夫なの?
大丈夫じゃないです!

 

現に食糧が足りなくて困っている人たちはたくさんいます
しかしこれは貧富の差が原因でなので
まだ食料全体が足りていないわけではありませんが
このまま人口が増え続ければいずれはたりなくなります

 

そんな日がきたらどうやって生きていけばいいのか

現在でもさまざまな開発や対策が進んでいますが間に合うのか...
不安
ただただ不安

 

人口を減らす方法(個人的な思いつき)

絶対こんな政策はしないだろうけど
全世界で一人っ子政策
一人っ子政策は中国で行われていた政策です

 

女性が一人しか子供を産んではいけないという政策なんですが
ほぼ間違いなく人口は減ります

 

しかしそれによって世界がとんでもない少子高齢化社会になり
現に中国はの日本を超える勢いで少子高齢化が進み始め、
一人っ子政策を廃止したんですが
廃止してからも一向に出生率は上昇せず
一人っ子政策の悪い一面がすごく表れています

 

しかしそれでもこのまま人口が増え続けるよりはましだと僕は思うんですよね
人口が自然と減り始める時期ってほんと食糧問題や貧困の増大が深刻な状態になってからで
そんな状態になってからでは、それこそ人権をおろそかにされてしまうのではないかと思います

 
人口が減ったなら増やすことは別に今までの人口の上昇を見る限り、増え続けているので可能だと思いますが
増えすぎてから人口を減らすときに
減らすときは何らかの政策が必要になってくると思います
もしそれが少しでも人権にかかわってくるような政策になるぐらいなら

 

そうなるぐらいなら、深刻な少子高齢化になろうとも
いま人口を減らすことは必要なことなんじゃないかとバカな僕は考えています。

まあきっと頭のいい人たちがどうになしてくれるだろう
という他力本願でこれからも生きています

<それではバーイ('ω')ノ