日々のつぶやき

ニートと働きアリの法則

どうもこんにちは
今回はニートと働きアリの法則の関話していきます。
もしかしら有名な話なので知っているかもしれませんが
働きアリの法則というのは、
働きアリの中でも働かないアリが2割ほど存在しているというもので詳しく言うと
よく働く2割、普通に働く6割、働かない2割というものです。
現実社会で言うニートはこの働かない2割入りますよね。
でもこの話によると、この働かない2割がいるおかげで
アリの社会は効率よく回っているそうで
私たちの人間社会においても実はニートは必要不可欠であり
会社内のあまり頑張らない社員も必要不可欠
これらの人間に怒りをぶつけてはいけないと思うのです。
この働かない2割というものはどうしても必要なんです。

 

働かないアリにも役目がある

そして彼らにもしっかり役割があり、
アリの場合ですが、働いている8割が疲労で動けなくなったとき
それを交代し働くことでうまく社会に貢献するのです。
しかし現実社会ではどうでしょう。
疲れ切っている働き者をいつまでも使い
交代させはしません。だから働き者の中には
悲しい最期を迎える人が出てきているのです

 

だからこそ社会的にも働かない2割をもっとうまく活用する方法
模索したら方がよいと思うのです。
決してニートに仕事を与えろと言っているわけではありません。
ただ疲れ切っている人たちを助けるような役割を残してあげることで
もしかしたら彼らにも充実感などが生まれるかもしれません。

 

そして最後に

この働かない2割、ニートを責めないであげてほしい。
この働かないという役割は誰かがしなきゃいけない役割であり
生まれた瞬間からニートになるために生まれてきた人なんてだれ一人いません。
生まれてからあらゆる環境に生き成長していく段階で
様々な影響をうけ、そして働かない2割の中に入ったのです。
もしかしたら今ニートを責めている方たちだったて
この2割に入る可能性は大いにあったはずです。
偶然入らなかっただけです
別にすごく優しくする必要もありませんが、
最低限暮らせる資金と、あとはそっとしてあげてください。
いずれ彼らに助けられる日がやってくるかもしれないのですから。

おわり
それではまた
バーイ(‘ω’)ノ