日々のつぶやき

読書も他の趣味と同じで大して役立たないよ

読書と聞くと多くの人は
役に立つだとか
メリットしかないと思っている人が
多い気がします。
確かにメリットもあるんですが
人によって、読まなくてもいい人もいるし、
読まないほうが良い人すらいます
だから読書を
ゲームや映画鑑賞、スポーツや音楽
それらの趣味と同じように考えてほしいのです。

 

そもそも人は忘れる

何か目的があって、調べごとをしたり
知識を多く詰め込む人がいますが
その知識、一か月後には
9割がた忘れていませんか
しかし役立ちそうだからと
どうでもいいような情報を脳に入れる

そんなことのためにする読書はなんとなく
もったいないような気がします。
それが好きならまったくもって良いですよ
でもそうじゃないなら
自分の好きなことに時間を使った方が
有意義
だって時間がたてば忘れるんだから。

 

時間がもったいない

人生は有限であり、
生まれた瞬間から、どの人間にも
それなり人生を楽しむだけの時間は与えられている。
しかし、したくもない、興味のない
そんなことに時間を費やしていたら
人生なんて楽しくないまま、
あっという間に終わってしまいます。
だから好きで、本を読んでいるなら
何も言うことはありませんが、
違うのであれば、
時間がもったいない、、、

 

考えが複雑になる

本、ネット、テレビ、YouTube
これらのツールで世の中の人は
たくさんの情報を得ています
知識を得ることは良いことだと
世間では多くの方が勘違いをなされている
しかし多すぎる知識は時として
思考を複雑にして
判断力を鈍らせ、行動力が落とす
物事はだいたい単純に考えたほうが
上手くいく。
それなら、むやみやたらと
知識を詰め込んで頭でっかちになることは
良いことだと僕は思えません。

 

それでも僕は本を読んでる

僕はそれでも本読みます。
理由としては
上記のことを
許しているからと
本読むのが好きだからです。
・目痛くならない
・時間つぶせる
・気づきがある。
・なんか充実感を感じる。

友達が多くない僕からしたら
暇なときは、何をすればいいのか
いつもこれが僕を悩みです。
だからいろんな趣味をしてきました
ゲームやらカラオケやら
アニメ、映画、漫画、音楽
いろいろしてましたが
なんだかんだで今は読書が
時間の覇権を握っています。
本はそれなりに時間を食いますし
紙媒体であることにより
目は疲れても、痛くはならない。
そこがお気に入りです。

人生一度なら好きなことしたい
人生は今この瞬間も刻一刻と進みます。
しかしそれを忘れている方が多い気がする。

時は金より断然価値があり
だからいつ終わるかわからない、
人生をできるだけ自分がしたいこと
で埋め尽くしていければ
周りにどう思われるか、別として
個人は幸せなんじゃないかと思います。
だから、もし読書じゃないしても
したくないことに大切な時間を
使ってしまうのは疑問に思います。

 

好きなこと

だいたい自分の好きなことって
客観的にみると、
なんの役にも立たないことが多いし
そればかり取り組んでいたら、
その間に、他人は地位を手に入れ
安定した暮らしを手に入れているが
俺はなにしてるんだ? と
不安になるかもしれません。
でも、人生っていつか終わるんです。
まだまだ終わらないと考えているのは
人生を永遠と勘違いしていることに
等しいほどの間違いだと思います。
だからしたいことこそ先にやるべきで
飽きるまでやればいいじゃないですか
僕ならそのほうが後悔しない

ただ最後に言わせてもらうなら
僕も自由なのに自由じゃないな~