日々のつぶやき

一周回ったけどお金は大切ですね

現代社会においてお金は大切ですね
今回はそんなお金について
自分なりに考察していきます

なぜお金は大切なのか

お金をもらうと、うれしい気持ちになりますよね
諭吉さんもらってうれしくない人なんて
多分日本の中にはいないと思います
しかしそんな日本の頂点に君臨する
「一万円おじさん」こと福沢諭吉さんですが
その価値を知らないサルからすれば
ただのおじさんが映っている紙です

しかし日本人は諭吉さんで
鼻をかむこともけつを拭くこともしません。
それは諭吉さんがただの紙ではなく
あらゆる物と交換できる有能すぎる交換券だからです
もしお金を一銭も持ってない人がいたら
その人はどうやって食べていくのか
どうやって着る服をよういするのか
どうやって住む場所をよういするのか
これらはすべてお金以外では解決できないことです
という事は
お金がないと困る
という事は
「お金は大切」という事になります!

 

お金を大切にするなら節約しよう

常識ではありますが
節約は案外メリットが多いです
 

まず無駄な消費に気づきます

普段通り何も考えずに買い物をしていると
のちのち考えたら、必要ないものまで
購入していたという事が多々あります
しかし節約をすることを決めていれば
本当に必要なものなのか
自然と見定めるようになります。
なので節約するという意識がある時点で
メリットがあります。

 

貯めるなら先取貯金

給料なりお小遣いなり
手元に入ったら先に自分の決めた額を
貯金してしまう方法です
そして残ったお金で、
次の収入があるときまでやりくりします。
この貯金方法は個人的にベストだと思ってます
先に貯金してしまうので
使いたくても使えませんし
後から残ったお金を貯金するよりも
確実に貯金していけます

それに継続していくと
どのようお金をやりくりしてくか
どうしたら月末に金欠を避けられるか
試行錯誤することになり
お金の使い方がうまくなっていきます。

 

節制も大切

そもそも節制とは?
端的に言えば欲を抑えて、
控えめに暮らそうよって意味で
今回は主に
食事や娯楽に焦点を当てていきます

食事

まず食事についてですが
食べ過ぎを控えることは
体にもお財布にも優しいです
僕はよく食べ過ぎた後は頭( ゚д゚)ポカーンで
無気力になることがあります
色々調べた結果それは
消化のために胃や肝臓にたくさん血を送ってしまい
脳へ送る血流を減っているという
理由だそうです
人は食べることで栄養を補給しますが
同時に食べる事は体にとって
結構な負担になっているのです
結論腹八分目が良い!

 

娯楽

娯楽と言っても様々ですが
どの種類においてものめり込みすぎると
ほとんどの場合
良い面より悪い面のほうが
上回ってしまいます
事実僕も四六時中ゲームをしていた時は
それ以外何もしたくなかったですし
やるべきことがあっても全く手につかない状態でした
その後ゲームへの熱が冷めてきたのですが
集中できたのかというと
実際そういうわけでもなく
残ったのは虚無感と新しいゲームを探す中毒症状でした
これはゲーム以外の趣味に当てはまると思います
運動や読書などの一見すると有益な趣味も
ハマりすぎるとそれ以外のことが
おろそかになる可能性は十分ありうるので
個人的には娯楽は適度が良いと思います。

 

安心のためにお金が必要

何をするにしても
不安な状態より安心できる環境のほうが
より良い結果を生みます
現に歴史上でも芸術が栄えたのは
戦争時よりも安定していた時期に
集中しています
これはマクロ的な視点ですが (マクロ=広い視野)
ミクロで考えても      (ミクロ=狭い視野)
お金が全くない人より
ある程度貯金のある人のほうが
ほとんどの場合において
精神が安定していると思います

お金におぼれてしまうのはよくないですが
僕たちの頭の中には固定概念として
お金が密接にかかわっています。
お金がなくても幸せを感じることはできますが
不便なことや苦労は避けられません。
要するにあるに越したことはない!

 

一周回った

僕は元々お金大好きマンで
貯金ばかりしていたのですが
そんな生活を続けていると
だんだん、なんのために
貯めてばかりいるのか、わからなくなり
しまいには、逆に無駄遣いする始末でした

そんなこんなで、
お金よりも楽しさ重視だったのですが
やっぱり心のどこかで
お金がないと安心できない自分がいて
それを紛らわすために
様々な哲学者や思想家の本を
読みあさっては、人生に置いて大切なことは
何だろうと考えていました。
だから実のところお金大好きマンの次は
心の豊かさ大切マンに変身してしました。
お金は二の次だったのです。
しかし一月も立たないうちに
生きていくためには
やっぱりお金必要だと実感しました
このように一周した結果
僕はお金大切マンに落ち着きました

お金で買えないものも
あると言えばありますが
この資本主義社会が続く限り
お金が僕たちを裏切ることはありません。
大切にしましょう!
というわけこの辺で終わります