日々のつぶやき

変わった集中方法 1分集中法 (勉強、作業)

どうもです
僕は今朝一風変わった集中方法を見つけました。
その方法は1分間集中です
ちなみに今、僕は1分間だけ文字を書いています
そして1分休憩したら
また1分書き始めます
そんな感じ文を書いているのですが
これが意外と集中できています。
なのでこの変わった集中方法について
紹介していきたいと思います。

 

オススメな時


やる気でないときにオススメです
作業や勉強を行う時
だいたい始めるまでが一番大変ですよね
そんな時にこの1分集中方法は
使えると思います
なぜなら、1分集中することの
ハードルが非常に低いからです。

 

オススメでない時

もう集中できる準備が整っていて
やる気に満ち溢れているときです
やる気満々なのに
いちいち休憩していたら
イライラすると思いますし
やる気があるなら長時間頑張ってください

ここから先は一分間集中のメリットデメリット
解説していきます

メリット

始めやすい

この集中方法はすごく始めやすいです
とりあえず一分勉強する
という風に考えればすごくハードルが下がります
1時間勉強しようと考えると
なんだかめんどくさく感じますし
先のことを想像すると
始めることすら嫌になります
でももし一分間だけだと考えると
作業を始めた瞬間からもう
分という単位であらわすことができないくらい
短い時間になります。そのため気が楽です

なにかやるべきことをするときに一番大変なのは
だいたい始めるまでの段階です
走り出してしまえば楽ですが
走り出すまでが大変なのです
だからそれを楽にしてくれるこの方法は
オススメです

 

集中できる


とにかく集中できます
なぜならものすごく早く終わるからです
正直1分となると
あんまり作業は進みません
なので少しでも進めるために
その一分間はあり得ないぐらい集中します
五分くらいならもう少しぐらい
進みがあるかもしれませんが
1分となると全然進みません。
しかしだからこそ
焦りが生まれて集中できるのです
焦りと聞くとあまり良い印象を持たないかもしれませんが
人は焦らないとあんまり頑張れない生き物です

例えば
学生時代あした提出の課題があったとしたら
すごく焦りながら、その課題を頑張れた経験ないですか
逆に期間までに結構時間があると
頑張ろうと思っても頑張れないことが多いですよね
それは余裕があるからです

僕も中高生時代は
夏休みの宿題は最終日に行うまでではないですが
最後の週にもつれ込むのは毎年でした
そして毎年のように夏休み前は
今年こそ計画通りやるぞと計画を立てるのに
いつも同じ結果
今思えばそれは自分の中に余裕があったのだと思います
なのでこの余裕を消し去るために
自分で焦りを作り出す方法の
究極バージョンが1分集中だと思います

 

デメリット

忙しい

1分間集中して
1分間休憩していたら
やたらと忙しいです
切り替えが早すぎて、あともう少し
デキたのに感がすごく残ります

 

効率が悪い

メリットの部分でも記したように
作業がほとんど進みません
そのため効率の面を考えると
良くないと言えます
ここが一番のネックであり
個人によって時間を変えたほうが良いという
考えもあります。

1分集中を何回か繰り返していくうちに
もう少し頑張れるな、と感じた場合は
少しずつ時間を伸ばしてみるのも良いと思います
1分集中のメリットは
始めやすさにあるので
それを生かすことができたなら
後は個人の裁量で良いと思います

 

疲れる

1分集中はめちゃくちゃ集中すること
繰り返し行うために結構疲れます

 

やり方

スマホのタイマーで1分を計測するだけ
集中1分
休憩1分
これを繰り返すだけです。

もし途中から物足りなくなってきたら
自由に時間を伸ばしていくことで
効率を上げてもいいと思います。

 

1分だけで書いているブログ。

意外と1分だけでもブログはかけるものだなと
今回のことで思いました
しかし1分でブログを書くのは始めたばかりで
根拠としては弱いですが
これから続けていって
この方法本当にうまくいくのかを
自分自身で試していきたいと思っています。